1/1

岩本健汰 柔術家だけが知らない世界標準バックテイク

¥4,500 税込

この商品は送料無料です。

この商品は海外配送できる商品です。

2019・2022・2023年と3度のADCCアジアオセアニア予選を突破し、本戦に参戦した日本の宝。岩本健汰のグラップリング教則が満を持してリリース!! 2019年を最後にブラジリアン柔術の試合にでなくなり、本格的にグラップラーとしての歩みを始めた岩本は、青木真也に目をかけられMMAグラップリングの練習を開始。同時進行でMMAの試合にも出場。その多くをサブミッションで勝利。また朝倉未来VSクレベル・コイケ戦前には、朝倉のグラップリングコーチに抜擢。その後、オーストラリアで開催のADCC2022年予選を数々の強豪を打ちのめし突破。本戦では一回戦で前回・前々回チャンピオンのJTトーレスとあたり、判定まで持ち越すも惜敗。しかしその存在感を世界に知らしめました。 今作は岩本がMMAグラップリングや、名門Bチームなどで学んだ、今、世界で当たり前であるグラップリングのバックテイク技術の基本を2時間のセミナーで説明したものとなります。そしてタイトルにあるように「柔術家だけが知らない」の意味ですが、実は(ノーギ柔術を含め)ブラジリアン柔術とADCCグラップリングでは別競技であり、その技術体系は全く違うという意味であり、こういった世界では当たり前な技術を知らないので、日本人はなかなかADCCの予選を突破できない理由であると私は解釈しています。岩本だけが知るこの世界標準の技術は、とてもじゃないですが、この2時間の教則に収められないですが、その片鱗でも知るだけでも、世界標準のグラップリング技術のレベルの高さを知ることができるでしょう。今作はグラップリングに挑戦したい。しているけれど世界の今の標準がなんだかわからない。という柔術家、グラップラーをはじめ。MMAファイターにも見ていただきたいです。

連動記事はこちら
http://letsbjj.site/?eid=677

01.グラップリングのバックテイクは亀へのバックテイクに帰着する
02.小さい亀大きい亀
03.小さい亀の相手を崩す2つのグリップ
04.参加者見て回り
05.足を使って腰を制御する方法
06.相手が上半身を起こしてきた時の制御法
07.参加者見て回り
08.遠い足のフック
09.参加者見て回り
10.近い足のフック
11.参加者見て回り
12.限定スパー
13.大きい亀を崩して小さい亀にする
14.参加者見て回り
15.タスキとボディロックの用途の違い
16.参加者見て回り
17.大きい亀へのフックの入れ方
18.参加者見て回り
19.限定スパー
20.Q&A
21.相手がグランビーロールしてきたら
22.参加者見て回り
23.両足を入れるときはセンターラインシフト
24.参加者見て回り
25.Q&A


※こちらの作品は見放題には収録予定はありません。

【データはダウンロードして視聴することが可能です】
この商品はデータ販売となります。ご注文後自動返信メールが届きます。更にその後、入金完了確認後に発送メールにてデータへのリンクを送ります。こちらは手動でのメール送信のため、少し遅れることがありますがご了承下さい。購入した動画を他人に譲渡したり、動画サイトやSNS等に無断で掲載することは禁止されていますのでご注意下さい。入金から24時間経っても発送通知がない場合、一度メールの受信設定、迷惑メールフォルダ等をご確認の上ご連絡下さい。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (80)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥4,500 税込

送料無料

最近売れてます